codeTakt

プライバシーポリシーに定める「外国の第三者」に関する説明

株式会社コードタクト(以下「当社」といいます。)では、自社サービスである「スクールタクト」に関して、プライバシーポリシーを定めています。

スクールタクトのプライバシーポリシー

このプライバシーポリシーの4-2において、外国の第三者に対する個人情報の取扱いの委託について定めています。

「4-2当社が以下の業務の実施に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を外国の第三者に委託することにつき、ユーザーは同意するものとします。

・カスタマーサポート業務
・マーケティング業務
・システム開発業務
・法務等の管理業務
・その他利用目的の達成に必要な業務」

ここでいう「外国の第三者」とは、特定の外国籍の法人ではなく、当社のメンバーとして働く、海外在住の日本国籍を有する個人事業主を指します。当社では、世界各地に在住する優秀なプロフェッショナルと契約しています。海外在住者の場合、当該在住地に当社の現地法人が存在しないため、雇用契約を締結できません。このため、個人事業主として準委任契約または請負契約を締結し業務を委託しています(もちろん、業務の内容や進め方も、準委任契約や請負契約に適合した形態で委託しています)。

当社では、こうした個人事業主に対し、当社の従業員と同様に、秘密保持契約を締結し、個人情報に関する教育研修を実施するなど、情報セキュリティ体制を整備しています。こうした条件の整った個人事業主に限り、プライバシーポリシー4-2で定めた個人情報の取扱いを委託しています。

こうした働き方の承認は、当社の経営理念に関わるものです。当社は、2020年10月に経営理念であるMission・Vision・Value(MVV)を刷新しました。

・Missionとして、「学び」を革新し、誰もが自由に生きる世界を創る
・Visionとして、個の力をみんなで高め合う「学びの場」を創るを掲げています。

また、メンバーの働き方の指針として、以下の3つのValueを掲げています。

真実は、あなたの主体性からはじまる
善なるチームとして、協働しよう
美しい才能を、探究が育む

上記のような経営理念を実現するために、当社では、世界のどこからでも才能あるメンバーが自由に働けるような、多様性のあるチームでありたいと考えています。そして、当社のサービスのユーザーである子どもたちにも、将来、そのような自由で多様な働き方を通じて、それぞれの才能を生かして欲しいと考えています。

法人契約者の皆様におかれましては、契約管理上、お手数をおかけすることもあるかと存じますが、上記の事情をご勘案の上、ご対応のほど、お願い申し上げます。

※ 株式会社コードタクトの経営理念(MVV)については、こちらをご参考ください。
コードタクトのMission・Vision・Value(MVV)をリニューアルしました