2020年02月29日

新型コロナウイルスによる休校措置校へ授業支援システム無償提供およびオンライン卒業式のプロジェクト企画のお知らせ

株式会社コードタクト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:後藤正樹、以下コードタクト)は、2020年3月2日より、新型コロナウイルスの影響を受けて休校となる全国の国公私立小・中・高等学校のうち、授業支援システム「schoolTakt」を未導入の学校に対し、schoolTaktを期間限定で無償提供することを決定いたしました。また、今回の無償提供学校も含めた全てのschoolTakt導入校に対して、schoolTaktを活用したオンライン卒業式の支援をいたします。

対象校

新型コロナウイルス等で休校中、または休校を決定した国立・公立・私立の小中高校
※ 無償提供はschoolTakt未導入校に限ります。

期間

2020年3月2日から5月末まで

schoolTaktでできること

schoolTaktは、端末を問わずインターネットとブラウザがあれば、いつでもどこでもご利用いただくことができます。これにより、児童生徒が授業を十分受けられず、学習に著しい遅れが生じることのないよう、可能な限りの家庭学習を適切に課すことができます。

  1. 家庭学習課題の定期的な配信と添削

    休校前に、先生が大量の家庭学習課題を準備しようとすると、相当な負担がかかります。

    schoolTaktをご利用いただくと、休校期間中も毎日先生から児童生徒へ向けた課題を配信することができます。また、配信する課題は、先生がお持ちのワークシートやプリントをそのままお使いいただけます。これにより、課題準備の負担を大幅に軽減できる他、児童生徒の学習に対するモチベーションを維持しやすくなります。


    ※ 画像はイメージです。

  2. 先生と児童生徒、双方向の映像授業

    家庭にいる児童生徒に向けて、先生が双方向の映像授業を行いたい場合は、ビデオ会議システムとschoolTaktを組み合わせることで実現できます。

    児童生徒の取り組みを、先生が手元の端末で見ることができるため、それぞれが別々の場所にいながら、一つの教室で授業しているような環境を生み出します。

    児童生徒がschoolTakt上に貼り付けて自宅から提出した課題に対して、先生が添削やアドバイスを直接行うことが可能です。

オンライン卒業式のプロジェクト企画

休校で会えなくなる卒業生に向けて、お祝いメッセージカードや寄せ書きを在校生が協働で作成して贈ることができます。詳しくはこちらをご参照ください。

オンライン相談会の実施

今回のschoolTakt無償提供を希望される学校には無料相談会も実施します。休校期間中に今すぐ実施できる、schoolTaktを活用した3つの効果的な授業案も、併せてご提案いたします。相談会お申込URLよりお申し込み・ご相談いただけます。

相談会日時

3月2日から3月13日の下記時間帯のいずれかでご希望に応じて実施

  • 11:00 〜 12:00
  • 14:00 〜 15:00
  • 17:00 〜 18:00

相談会お申込URL

【会社概要】

  • 会社名:株式会社コードタクト
  • 所在地:東京都渋谷区円山町28-4 大場ビルA館2階b室
  • 設 立:2015年1月
  • 資本金:3百万円
  • 代表者:代表取締役 後藤 正樹
  • 事業内容:授業支援システム「schoolTakt」の提供

【参考情報】

schoolTaktについて

タブレット端末、スマートフォン、パソコンなどデバイスフリーで利用できる授業支援システムです。schoolTaktにプリセットされているさまざまな教材や、お手持ちのPDF教材・写真をアップロードし、授業で活用することができます。これにより、児童生徒の学習状況をリアルタイムに把握できたり、児童生徒同士の解答を共有したりすることで「みんなで学び合う」学習環境を簡単に構築できます。プロダクト詳細はWebページをご覧ください。

まなびポケットについて

公立の小中学校の方はschoolTaktが連携している「まなびポケット」がお勧めです。

新型コロナウイルスにより休校中の学校へ含むまなびポケット提携コンテンツの無償提供が発表されています。詳細については下記をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社コードタクト 広報担当

  • 株式会社コードタクト 広報担当
  • 電話番号:03-4446-5014
  • メールアドレス:info@codetakt.com

※16時13分初出の際に、加藤学園暁秀初等学校様のお名前が明記されておりませんでした。こちら訂正をさせていただくとともに、関係者各位の皆様には深くお詫び申し上げます。